MENU
修美社は紙に制約はありません

足を運んでPRINTING Labへ来ていただければ、実際に手触りや厚みなど確かめにきていただけます。

修美社のPRINTINGLab.

「flowers like blue glass」詩集

クライアント:fukudapero
graphic design : takamitsu ohta
制作ポイント:表紙のタイトルや詩を箔押しの2色で作成、初めての経験でしたが文章を箔押しで2色使いで表現されたデザイン。凸版の作り方を工夫することで細部まで丁寧に合わすことができることを学びました。製本では重みのあるドイツ装に、あえて見返しは付けず無線綴じした書籍に1mmのチップボールを糊貼りしました。

こころのわだち 短歌集

著者:藤井 昶夫様
デザイン・装丁 : HON DESIGN 北尾様
編集:文と編集の杜 瓜生様
印刷ポイント:100歳の記念本として出版、「白」をテーマに装丁をしました。

ZUURICH 2018オリジナルカレンダー

クライアント:ZUURICH様
illustration:tani konatsu様
graphic design : each 河村真由美様

印刷ポイント:順番に綴じたトレーシングとMTAの特殊紙にイラストを影に見せたり、背景のイラストとして風がイメージとなったカレンダー。印刷は少しの誤差で品質が損なうため十分に注意して、特に断裁が肝になり、時間をかけて作業しました。

「御所東考現学」冊子

クライアント:誠光社様
graphic design : スー 角谷様
印刷ポイント:表紙銀刷に凸版印刷したシールを手貼り内職。中綴じは厚めの横本仕上げ。
トップへ
トップへ